april2018

Men’s CLIP

Meme x Momoeのメンズファッショントーク

Men's CLIP

Men’sのファッションスタイル担当の Meme x Momoe です。毎月素敵なカラーテーマに合わせて、素敵なファッションスタイルをエオルゼアにいる全ての男性に。

「首元」でオシャレを楽しむ。

3月もすぎ4月となりました。厚手のコートをしまい、身軽な服装が増えてくる時期ですね。
今回はそんな春の陽気に楽しくなる「首元」のオシャレについてです。
FF14では様々なパターンの襟の形のトップスが多いですが、ここではオススメのトップスで使用されている4つ襟元についてのご紹介です。

Men's CLIP

アネモスサスペンダーシャツ

スタンド・カラーといい、 折り返しがなく首に沿って立てた襟をさします。きちんとした印象を与えたいときに効果的。

Men's CLIP

バトラージャケット

ウイング・カラーの変形と思われるます。スカーフがあるため正確にはわからない。首から翼のように開いている襟からその名がつけられている。こちらはドレスアップしたいときにオススメ。

Men's CLIP

サバイバーシャツ

スタンダードなVネック。V字にカットされた首元のことを指します。(こちらはカットが浅め)元々女性用に作られたネックの形。露出が増えやすいのでセクシーな印象を入れたいときにオススメ。深すぎるとやりすぎになりやすいので注意がいります。

Men's CLIP

スモック

Uネックの変形。Uの字に首元が開いたものでこちらは紐がボタンになるとヘンリーネックという別のネック名に変わります。ネックが逆に狭過ぎると太く詰まったように見えるのでネック幅に注意がいります。柔らかい印象を与えやすいのでカジュアルにオススメ。

今月のMen’s Styleは?

Men's CLIP
Men's CLIP

Pastel Green

Pastel Greenパステルグリーン

4月となり暖かい陽気に合わせて、明るい「パステルグリーン」をメインカラーとして今回のコーデを組み合わせて見ました。男性ファッションではありますが、ワンポイントでグリーンのチューリップを手首に合わせ、クラシカルになりすぎないようにスタイルをまとめました。

Men's CLIP

モデル着用装備紹介

Memeさんに聞いた
パステルグリーンスタイルのポイント
今回このファッションのポイントは現実の世界でも着れるスタイルということ。
センタープレスのスラックスで可愛くなりやすすぎるパステルカラーも大人っぽく合わせることができるので、明るい色使いをする際にはオススメです。
またフォーマルになりすぎないように白スニーカーのようなシューズを使用しています。

全体のバランスを持たせる、「ハット」の勧め。

春ということでだんだんと日差しが出てくる季節が始まります。そんな時は「ハット」を使ってみませんか?
ハットを使用することにより、全体のカジュアルなスタイルに対して1つのまとまりを元足せるパーツとして使用できますし、またハット1つでそのスタイルの印象を「カジュアルからアクティブ、少しのフェミニン」など様々な印象を持たせることができます。
その日の気分によってコーディネートの方向性を気軽に変えることができるのでオシャレ初心者にもオススメです。
ここでは、ハットのタイプ別の名前と印象についてご紹介します。

Men's CLIP

左:ホーリーレインボー・ストローハット

・フェドーラ
中折れ帽の一種で、中折れの中で最も多くの人が思い浮かべる形だと思います。本来はフェルトの帽子ですがFF内では革素材で製作されているかと思います。印象としてはクールやスタイリッシュな印象を与えます。今回モデルは通常カラーのブラックから麦わらをイメージしてボーンホワイトに変更しています。

右上:アネモスハット

・テンガロンハット+バンダナ
飾りひもが付いてブレーディングしていることを「ひもを編む(ブレード、braid)」という意味と、メキシコカウボーイが使うスペイン語の「ガロン(galón)」を、「テキサス州の物は何でも大きい」というテキサス人の見栄と絡めて、わざと誤訳的に命名されたという説があるハット。アウトドアなどのカジュアルなどの印象を与えられることができるハットです。

右下:グリーンベレー

・バスクベレー(フェルトベレー)
フランスとスペインの国境にあるバスク地方で生まれたと言われており、それがベレー帽の起源とも言われています。 中世以前は実は日焼けよけとして実用的に使われていたそう。フェルトの柔らかい印象から少し可愛らしい印象を与えることができるハットです。

Author:Momoe(@momo_FF_gb) Styling, Photograph:Meme(@memeora_t)

BACK