august2018

Column: Weather

お天気ララフェルの空日記

お天気ララフェルの空日記

ハイデリンの美しい景色…その重要なファクターが、刻一刻と移り変わる空模様です。
そんな「空」にまつわるアレコレを、空が大好きなララフェルが紹介します。
拙い知識と文章ですが、楽しんでいただければ幸いです。
※ 本コラムで用いられる暦、時間、天候は全てFF14の世界におけるものになります。
著者:Meteor Chiffon

第6回 天空の浮島、紅の雲海 -アバラシア雲海の空模様-

夏です。南ザナラーンの灼熱波のようなお天気が続く中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
わたしはというと…溶けそうです。めるとだうーん。
いいですか、デューンフォークがみんな暑さに強いと思ったら大間違いです。無理、暑い。
こんな季節は、涼しいけど気持ちの良い青空が見られる、素敵な避暑地に行きたいですね。

お天気ララフェルの空日記

せっかくの夏ですし、ちょっと水遊びも楽しみたい。でもそんな贅沢な地域…あるんです。
広大な雲の海、標高が高くて涼しく、遮るもののない青空、そして美しい泉!パーフェクトだ。
そう、今回はアバラシア雲海をピックアップします。さぁ涼みに行きましょう。

お天気ララフェルの空日記

アバラシア山脈の中央に位置するというアバラシア雲海は、独自性の強い面白い地域です。
水属性と風属性のエーテルがとても強いとのことで、常に雲の海が広がっています。
その上には、浮力を持つらしき特殊なクリスタルを土台とした大小の浮島が漂います。実に幻想的。
また、そもそも標高が高い上に浮島ごとに標高が異なるため、特殊で多様な生態系が見られます。

そんなアバラシア雲海の天候は、主に晴れと快晴です。他には風、曇り、霧といったところ。
しかしそれだけではありません。この地域独自の天候が存在します。そう、「霊風」です。
この霊風は、雲海を渡る風が高濃度のエーテルを含むことによって発生する現象のようです。
緑のエーテル粒子が強い風にのって漂う様子は、どこか生命の流転を感じさせます。

お天気ララフェルの空日記

さて皆さんお気付きでしょうか…アバラシア雲海では基本的に雨が降りません。ガッデーム。
雲の上に雨は降らないわけです。曇りや霧は、雲海が風に巻き上げられることで発生すると思われます。
ちなみに、アバラシア雲海の空はうっすら霞がかかっているようで、よく暈(ハロ)が見られます。
眩しい太陽や満月がちょうど空の真上にある時には、ぜひ見上げてみてください。

お天気ララフェルの空日記

アバラシア雲海の晴天はとても美しい!鮮やかで濃い群青色の空は、まさに雲海ならでは。
空の青、草木や浮島の緑、雲海の白が合わさった風景は、思わず見惚れるほどに魅力的です。
夜は昼よりも霞が濃いように感じますが、大きく明るい月、満天の星を存分に楽しむことができます。
特に宵の口、月が登り始めた頃に、ヴール・シアンシランに月光の柱が輝く様はとてもオススメです。

お天気ララフェルの空日記

ちょっと寄り道して、わたしの大好きなスポットであるヴール・シアンシランについてお話しましょう。
この美しく巨大な泉は、この地特有の「湧水のクリスタル」によって生み出されたもの。
水属性クリスタルによって大気中の水分が集められ、豊富な水を湛えるようになったのです。
なお、湧水のクリスタルはバヌバヌ族やイシュガルドの騎兵たちにも水源として重宝されているようです。

お天気ララフェルの空日記

そして、雲海の空を語る上で外せない時間帯が、朝焼けと夕焼けです。これが本当に素晴らしい。
朝焼けの雲海はローズクォーツのようなピンク、そして夕焼けの雲海は紅花のような紅をしています。
その海から真っ赤に燃える太陽が昇り、そして沈む光景の美しさよ…是非直接見ていただきたい!

そんな鮮やかな色彩が溢れるアバラシア雲海、是非この夏堪能してみてはいかがでしょうか?

お天気ララフェルの空日記

と、今回はここまで。それではまた、この空の下でお会いしましょう!

Author, Photograph:Meteor(@Meteor_0222) Editor:Alice(@alice_chocobo)

BACK