november2018

Column: Weather

お天気ララフェルの空日記

お天気ララフェルの空日記

ハイデリンの美しい景色…その重要なファクターが、刻一刻と移り変わる空模様です。
そんな「空」にまつわるアレコレを、空が大好きなララフェルが紹介します。
拙い知識と文章ですが、楽しんでいただければ幸いです。
※ 本コラムで用いられる暦、時間、天候は全てFF14の世界におけるものになります。
著者:Meteor Chiffon

第9回 霧中山水 -ヤンサの空模様-

秋も深まり、急に肌寒くなってきましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
わたしはというと、少々風邪気味で。気を付けないといけませんね、折角の晩秋を楽しめません。
今の季節、鮮やかな紅葉や守護天節もイイですが、秋らしい枯れた風景もまたイイものです。
収穫を終えた畑、秋らしい鱗雲の空、焼き芋を焼く落ち葉の煙…お腹も空いてきますね。ぐぅ。

お天気ララフェルの空日記

さて、秋の特徴的な天候の1つに「霧」が挙げられます。秋は霧のシーズンでもあるのです。
というわけで、霧に縁があって、秋っぽい風情を感じられる地域をピックアップしましょう。
今回ご紹介するのはヤンサ、東州オサード小大陸に位置するドマの領地です。
前回紹介したアジムステップとは隣接していますが、これまた違った空模様が楽しめますよ。

お天気ララフェルの空日記

ヤンサの特徴といえば、やはり無二江です。この地の約半分は、この大河に占められています。
巨大な河と高く聳える岩山が、ヤンサの独特な風土を作り出す大きな要因だとわたしは考えます。
風土は文化にも影響します。豊富な水源を活かし、棚田による稲作が盛んに行われています。
また、一部に大人気なナマズオ族も、無二江の恵みのもとで生活していると言えるでしょう。
わたしはナマイ村の美しい棚田が大好きです。ナマズオは…時々お腹をパンチしたくなります。

お天気ララフェルの空日記

ヤンサで見られる天候は晴れ、快晴、曇り、雨、霧、暴雨といったところ。相応の雨量を誇ります。
これだけだと他の地域と大差無いように見受けられますが、ここからがこの地域の面白いところ。
広大な無二江からの水蒸気、そして岩山による独特の気流の影響か、日常的に霧が発生します。
そう、ヤンサはたとえ快晴であっても、常に空が霞がかかったような状態なのです。

お天気ララフェルの空日記

晴れや快晴の時には、白い霞と合間に見える青空が合わさった、鮮やかな空模様が見られます。
上空を望むと、霧が大きく渦巻いている様子を見ることができます。風が霧を留めているかのよう。
夕暮れ時は霞が夕陽に染まって、岩肌や竹林と共に、どことなく枯れた色合いも堪能できます。
ただし、岩山に囲まれた土地が多いため、広く開けた空を望める場所は限られています。

お天気ララフェルの空日記

ヤンサの曇りは独特で、完全に空が雲に覆われてはいません。微かに青空すら見えます。
そのためか、この地は曇りであっても虹がはっきりと出るんです。これは素晴らしいことです。
しかし、霞と岩山によって虹がなかなか見づらい…そんなジレンマも抱えていたりします。
朝の虹はドマ城辺り、夕方の虹は無二江の下流からがオススメです。特に夕方の虹はイイですよ!

お天気ララフェルの空日記

天候が霧になると、それまで見えていた霞が霧と同化し、全体が霧がかかったようになります。
この霧とヤンサらしい竹林や松林、梅の花との組み合わせは、実に風情があっていいものです。
また、霧が晴れる時には、一切の霞のないヤンサの空を一瞬だけ垣間見ることができます。
霧に出くわした時は、是非天候の移り変わりまで楽しんでみてください。新たな発見があるかも。

お天気ララフェルの空日記

そんな独特の空模様が魅力的なヤンサの地、皆さん是非行楽に出かけてみてはいかがでしょう。

と、今回はここまで。それではまた、この空の下でお会いしましょう!

Author, Photograph:Meteor(@Meteor_0222) Editor:Alice(@alice_chocobo)

BACK